トップページ > 中学校 入学案内 > Q&A
  • オープンスクール
  • サタデープログラム
  • 同窓会Homepage
  • 愛知私立中学情報サイト

Q&A

受験・入学に関するご質問


教育・生活に関するご質問


受験・入学に関するご質問(ご回答)


Q1
入学試験の科目とその時間、配点などを教えてください。

A1
入試科目は、国語・算数・理科・社会の4教科です。 試験時間は、国語・算数が60分、理科・社会は50分です。 配点はそれぞれ100点で、合計400点満点になります。

Q2
調査書および面接は、どの程度合否に影響しますか?

A2
種々の観点から合否の参考といたします。

Q3
面接はどのような方法で行われますか?

A3
面接については、来年の入試より廃止することになりました。

Q4
体が少し不自由ですが、受験にハンディとなることがありますか? 国籍、職業についてはどうですか?

A4
全く問題はありません。補助が必要な場合は事前に連絡してください。また外国籍の受験生が不利になることもありません。保護者の職業によって不利になることもありません。

Q5
入学試験当日、体調をくずした場合はどうなりますか?

A5
体調が悪い、骨折している、などやむを得ない理由で他の受験生と同じ行動がとれないときは、保健室で受験していただきます。あらかじめご連絡ください。

Q6
入学試験当日、駐車場はありますか?

A6
校内および学校周辺に駐車場はありません。また、学校周辺の道路は全面駐車禁止となっています。必ず公共交通機関をご利用ください。

Q7
追加合格はありますか?

A7
入学辞退者が出て欠員が生じたとき、追加合格を行います。追加合格者が全くない年度もあれば、若干名のときもあり、年度によって人数が異なります。詳細は入試当日、保護者の方々へご説明いたします。

教育・生活に関するご質問(ご回答)


Q1
学校での日課はどのようになっていますか?

A1
朝 礼  8時20分
第1時限  8時40分〜 9時30分
第2時限  9時40分〜10時30分
第3時限 10時40分〜11時30分
第4時限 11時40分〜12時30分
昼休み 12時30分〜13時10分
第5時限 13時10分〜14時00分
第6時限 14時10分〜15時00分
 
この後、15時からの終礼・清掃に続いて、クラブ活動があります。

Q2
校内に売店はありますか? あればどんなものを売っていますか?

A2
制服、制帽、制靴を扱う店のほか、運動具店、書店、文具店があり、学校生活で必要なものは、ほとんど揃っております。

Q3
中学では毎日弁当が必要ですか?

A3
毎日弁当を持参する必要がありますが、パンやおにぎりの注文販売も利用できます。学内に食堂はありますが、原則として高校生しか利用できません。(特別の理由があれば、食堂利用許可証を発行します。)

Q4
携帯電話を学校に持って行ってもよいのでしょうか?

A4
中学校では特別な理由がある場合を除き、学校に持って来ることを禁止しています。(高校では持参可能です。)

Q5
クラブ活動への参加率はどのくらいでしょうか?

A5
中学1年生・2年生は、全員がいずれかのクラブに加入しています。中学3年生は任意加入ですが、8割近い生徒がクラブに加入しています。高校生1・2年生も6割以上の生徒たちが熱心に活動しています。

Q6
入学後に転勤のため転出し、その後再びこの地域に戻った場合に復学できますか?

A6
本校に入学後、保護者の方の転勤等で転出し、1年以内に再びこの地域に戻って本校への復学を希望する場合は、これを認めています(転入後の指導のための学力テストは実施)。1年を超えた場合において復学を希望する場合は、条件を満たしているかどうかを確認した上で編入試験を実施し編入の許可を判定します。また、元の学年に復帰できるか、又は学年を遅らせて転入するかどうかを、保護者の方との話し合いのうえ決定します。これは国内、国外を問いません。

Q7
中学卒業時に他の高校を受験した場合、東海高校に進学できますか?

A7
中学卒業時に他の高校を受験した場合、原則として東海高校への進学を許可していません。東海中学入学者は、東海中学から東海高校へ内部進学して卒業することで、教育の目標が達成されると考えています。

Q8
どのくらい費用がかかりますか?

A8
平成29年度1年生予定
入学金 200,000円
入学式までに必要なものとその費用
約80,000円(制服、制帽、制靴、鞄、体操服、教材など)
4月以降必要金額
ア. 入学時のみ必要なもの
PTA入会金 1,000円
校友会入会金 500円
イ. 1ヵ月あたりの学費
授業料 39,000円
PTA会費 1,500円
校友会費 300円
ウ. 積立金
約8,000 円
※積立金とは、水練会・遠足・祖山参拝・修学旅行等の行事費や各教科の教材費等に充当するものです。学年・時期により積立額に差がありますが、上記の金額は中学3年間の平均月額です。

Q9
カリキュラムについて、公立との相違点はありますか?

A9
本校のカリキュラムの大きな特徴は中学・高校が一貫していることです。国語、数学、社会、理科…といった授業でなく、中学1年から国語なら国正・国副、数学なら代数・幾何という授業名で進めていきます。もちろん体育、美術、音楽、技術、家庭科の授業も行なっており、考査の科目や期間はそれぞれ10数科目4日〜5日間となります。また、英語や数学、国語などでは中学3年の段階で高校の範囲に入り、教科の多くが高校2年までに教科書を修了します。さらに独自のテキスト・問題集を多用しており、これら全てが優秀な進学実績につながっています。

Q10
入学後、ついていけるか心配です。家庭教師や塾は必要でしょうか。また授業についていくことが困難になった場合は、補習などをしてもらえるのでしょうか?

A10
合格されたお子様は一定の基準を超えているので能力的に全く心配はありません。また小学生の時から英語などを勉強するお子様もいますが、それをしなかったからといって授業についていけなくなることも全くありません。本校では基礎から応用へと丁寧に授業を展開しますので、授業をしっかり聞いて規則正しく予習復習すれば、塾に通ったり家庭教師をつける必要はありません。補習については、必要に応じて学年や各教科の担当教員が随時実施しています。基礎が不十分だと思われる生徒を指名する場合や自由参加の場合など、すべて学年、教科、担当教員が随時実施しており、さらに夏休みと冬休みには基礎学力補充や興味関心を引き出すための講習も開催しています。

Q11
クラブ活動と勉強は両立できるのでしょうか?

A11
中学1・2年では必ず運動部か学芸部のどちらかに入り、クラブ活動をしていただきます。本校では全てのクラブ活動において勉学との両立を念頭に指導しています。クラブ活動をやめたことが成績上昇につながることはまず無く、実際多くの生徒がクラブ活動を熱心に行いながら目標とする大学へ合格しています。両立は生徒本人の意欲や時間の使い方、頭の切り替え方に左右されますが、クラブ活動をしっかり行なうことで同級生だけでなく先輩・後輩とのより良き関係や礼儀を身につけ、体力や気力を養うことができるので、本校生徒全員にぜひ両立させて欲しいと考えています。

Q12
土曜日はお休みですか?

A12
原則として土曜日は休業ですが、学校行事として「新入生オリエンテーション」「球技大会」「九月祭(文化祭)」「奈良散策」を行なっています。また、クラブによっては、練習や試合が行われることもあります。

Q13
公立中学にはスクールカウンセラーが配置されているようですが、東海中学ではどうですか?

A13
中学・高校にそれぞれ相談室を設けて、生徒や保護者の悩みや相談に応じています。電話による相談も可能です。スクールカウンセラーによる相談日も毎週あります。

Q14
クラス編成では、特進クラスや習熟度別クラス編成を行なっているのでしょうか?

A14
中学から高校1年生までは、学力が均一になるようなクラス編成を行なっています。高校2年生から理系・文系に分け、さらに学力に合ったクラス編成をしており、英語と数学においてはグレード別(習熟度別)指導も行なっています。

Q15
奨学金制度はありますか?

A15
中学・高校ともに本校独自の規定があり、入学後に経済的な理由で引き続き就学が困難な状況になった場合は学費を減免する制度があります。また高校では、日本学生支援機構(旧日本育英会)、愛知県私学、名古屋市等の公的奨学金制度があり、希望者には資格審査を行なった上で受け付けています。さらに学業成績が特に優秀な生徒には、本校独自の学費減免制度があります。

Q16
東海中学の生徒は医学部進学者が多いと聞きますが、本当ですか?

A16
確かに他校に比べるとかなり多いのは事実です。東海高校の国公立大学医学部医学科合格者数(大学校含む)は、2010年度が126名で、ある雑誌社の調べでは、今春は全国最多であったようです。しかし、全体から見れば医学部医学科への進学者は、国公立私立を合わせて2割程度で、決して大多数ではありません。東海生は、さまざまな分野に進学しています。